当院について(基本理念・院長挨拶)|平尾病院


基本理念

平尾病院は、患者様の知る権利、自己決定の権利、プライバシー保護の権利を尊重して、患者様に納得してもらった上で、優しく安全な医療を提供することを理念とします。
病院職員は互いに共感、協調、思いやりの心を持って医療の質向上のため職能研修を行うと共に患者様の協力を得て患者様と共に治療を行うよう努めます

AINA1930__.jpg
     百瀬 均
      名誉院長

地域の皆様によりいっそう愛される病院に

令和元年7月1日をもって名誉院長に就任致しました百瀬 均です。
私は昭和51年に奈良県立医科大学に入学し、57年に卒業しました。学生時代は栄和町や新賀町で下宿生活を送り、またその後も泌尿器科医師として、奈良県立医科大学附属病院に都合7年間勤務しましたので、橿原市を中心とする中和地域は私の思い出の地であるとともに、私を育ててくれた街でもあります。
平成9年以降の22年間を大阪府枚方市の病院で過ごして来ましたが、このたび縁があって、再びこの地で仕事をさせていただくことになりました。
昨年来、近鉄八木駅から平尾病院まで歩く機会が何度かありました。駅周辺の景観こそ大きく変わりましたが、街を吹き抜ける風は昔と変わることなく、歩くたびに懐かしい数々の光景を脳裏によみがえらせてくれました。私は前任地では地域医療連携と地域包括ケアシステムの活性化に取り組んできました。超高齢社会を迎えつつある現在、個々の病院にはそれぞれが持つ特性を生かし、開業医の先生方や訪問看護ステーション、介護・福祉施設と協力して機能的なネットワークを構築することが、喫緊の課題として求められています。平尾病院がそのようなネットワーク作りの一翼を担うことは、私にとっても育ててくれた街への恩返しともなり、たいへん嬉しいことです。
平尾病院が地域の皆様からますます高い評価を受け、また地域の皆様によりいっそう愛される病院となるために、ぜひとも忌憚のないご意見をいただき、課題をひとつひとつ克服して行きたいと思います。何卒よろしくお願い申し上げます。

hirao_riji_.jpg
    平尾 周也
    理事長(兼院長)

安全で確実な医療を

平成30年2月1日より、創業者平尾和也理事長の後任として理事長に就任いたしました。
当院は医療法人として平成9年4月1日設立以来20年目の節目に当たります。
泌尿器科、特に結石破砕治療・内視鏡手術では、奈良県下はもとより、全国的にも有数の症例治療実績が知られているところであります。
私は、泌尿器科の専門医として、橿原市、また近隣市町村の患者様に対し、当院の基本理念でもある、優しく安全な医療を常に心がけ、超高齢社会が現実となった今、泌尿器科の重要性に鑑み、ESWL(体外衝撃波結石破砕装置)PVP(前立腺グリーンライトレーザー)等、最新医療機器による医療を行ってまいります。
また、内科・外科各担当常勤Drとも協力し、橿原市救急2次輪番制の救急医療に、平尾病院として、これからも積極的に取り組み、地域の皆様に信頼していただける医療機関を目指してまいります。
CT・MRI・レントゲン等必要な検査は即日に行い、早期診断による迅速な治療により、大病院にはない機動力をもって、大病院に匹敵する安全で確実な医療を提供できるように努力して、これまで以上に皆様のお役に立てるよう地域医療に取り組んでまいります。

hukuiinchou_.jpg
    吉村 克敏
    健診センター長

小規模ゆえの機動性を生かす

私は患者さんの立場に立った医療を行うように日々心がけております。そのためには充分に患者さんのお話を伺うことが重要で、その中から病気が発見できることも多いのです。
専門は循環器内科ですが、総合的な視点で内科全般の診療にあたっております。平尾病院は決して大きな病院ではありませんが、小規模ゆえの機動性を生かして、地域医療を担う一員としてこれからも精進していきたいと考えております。