部門紹介(診療補助部)|平尾病院

診療補助部の紹介

部署理念

診療補助部は 「患者様に優しい医療を提供する」、「適正で良質の医療を提供する」などの平尾病院の基本理念を遵守し、医師・看護師と連携を深め、豊かな人間性と優れた知識・技術をもって診療に携わっていきます。

部署長あいさつ

診療補助部長 南 繁敏

P1183241.JPG

診療補助部は、薬剤部・栄養部・検査部・リハビリテーション科で構成されています。いずれも診療を行なっていく上で必要不可欠な、いわば縁の下の力持ちのような存在です。今後も優れたスタッフと共に良質な医療を積極的に推進し、その責務を果たしていきたいと考えていますので、よろしくお願いいたします。


各科の紹介

薬剤科

PC162825.JPG

薬剤科では、お薬の調剤とともに、入院患者様のお薬の説明や管理を行う薬剤管理指導や、注射用薬剤の個人別セット、中心静脈栄養基本液の混合調剤などを行っています。
また、医薬品の副作用などの情報の収集と伝達などの業務のため、院内オンラインシステムによる薬剤安全情報の提供も行っています。⇒LinkIcon薬剤部の詳細な紹介ページはコチラ




栄養科

PC162813.JPG
私達の厨房は前方に香久山・耳成山が見える7階の明るく眺めの良い場所にあります。栄養課では、管理栄養士による栄養指導、特定保健指導、入院患者様の栄養管理業務に加え給食管理業務を行っております。
LinkIcon栄養指導の詳細はコチラ
また当院は直営方式で運営しており、入院生活の楽しみの一つである食事を、1人でも多くの患者様に喜んで頂けるよう、美味しく心のこもった食事を作っています。⇒LinkIcon栄養科の詳細な紹介ページはコチラ




検査科

P1173052.JPG
当院検査科では、生理検査が主体であり、患者様と接する機会が多い部門です。
患者さまとの対話やリラックスして検査できる環境を心がけています。患者様への良質な医療を提供するために医師とのコミュニケーションやスキルアップのため日々努力しています。LinkIcon検査科で行っている検査の紹介はコチラ




リハビリテーション科

shoukai_rihabiri.JPG

病気やケガで身体に障害を負ったり、身体機能が低下した方に対して寝返り、起き上がり、立ち上がり、歩行といった動作の改善や、その方の生活レベルに合わせた入院中のリハビリテーションを理学療法士が実施しています。
特に入院中の尿失禁(尿もれ)・浮腫(むくみ)に対する運動療法、看護師と連携して肺炎予防・床ずれ予防のサポートに力を入れています。LinkIconリハビリテーション科の詳細はコチラ






放射線科

P1183144.JPG

私たちは、患者様のニーズに対応し、十分な説明と同意のもとに安心・信頼して検査を受けて頂けるように努力しています。
そして、より高い水準の医療を提供できるように努めます。LinkIcon放射線部で行っている検査の紹介はコチラ