部門紹介(診療部)|平尾病院

診療部の紹介

部署理念

地域医療を中心として急性期から慢性期まで安全で質の高い医療を提供できるように各科が協力することに努める。

部署長挨拶

医局長 中島 孝夫

ikyokuchou_.jpg


桂会平尾病院は泌尿器科・内科・外科の診療を中心として高度な医療機器と設備を備え、
一般病棟のほかに療養病棟を併設しております。そして急性期疾患については迅速に
奈良医大病院との連携を図り早期診断・早期治療・早期退院をモットーに各科一丸となって
努力しております。


各科の紹介

内科

shoukai_naika.JPG私達内科は常勤スタッフとしては4名ですが、うち2名は内科学会専門医(循環器専門医、消化器内視鏡専門医でもあります)、1名は内科学会認定医の資格を有し、専門も生かしながら広い視野に立って診療するように努めております。また、小規模であるがゆえに他科とも密接に連絡を取り合い、大病院では難しい、機動性を生かした早期診断・早期治療をするようにしています。とくにMRI、CT、超音波検査、内視鏡などの検査は出来るだけ早く実施するようにしております。また、胃カメラでは経鼻式の、細いカメラ(鉛筆よりも1mm細い)を橿原市で真っ先に導入して患者様の苦痛を軽減するとともに、既に早期胃癌などの発見に努めております。

私達は地域の病院として地域医療を担うことを目指しておりますが、奈良医大のごく近くにある立地条件から大学病院との連携も密にしております。

泌尿器科

P1183151.JPG当科では尿路性器腫瘍(腎臓・尿管・膀胱・前立腺・精巣)、前立腺肥大症および尿路結石を中心として泌尿器疾患全体の診断、治療を行っております。膀胱鏡検査では従来、金属製の内視鏡を使用しておりましたが疼痛を緩和するため2005年9月より、柔軟な軟性膀胱鏡を導入致しました。膀胱腫瘍、前立腺肥大症に対しては内視鏡的手術、また尿路結石に対しては体外衝撃波結石破砕術(ESWL)を行っております。
また土曜日も診察ならびにESWLを行っており、患者さんのニーズにお応えできるように心掛けております。2018年度の年間の手術件数は、923件(前立腺針生検を含み、ESWLを除く)です。
当院では前立腺がん検診に力を入れており、2018年は前立腺針生検を214人に施行し、100人(46.7%)の前立腺がんを発見致しました。近隣の開業医との連絡を密に取り、地域に根ざした医療を目指しております。


外科

P1183229.JPG外科では、消化器の癌治療(胃、大腸など)を中心に、虫垂炎、胆石症(腹腔鏡手術)、そけいヘルニア、痔などの良性疾患、乳腺疾患(乳癌、乳腺腫瘍)などの手術治療を中心に行っています。
ただ治療に関しては手術療法のみにこだわることなく、患者さんの年 齢、生活環境を考慮し、患者さんにとって何が一番いい治療であるのかを、院内他科と の連携はもちろんのこと、奈良県立医科大学各科とも提携を密にし、最新で的確・迅速 な対応ができるよう心がけています。
常にきちんとした診断に基づいた治療方針、患者さ んが納得できる治療を実践したいと考えています。小さな怪我から、手術が必要な病気 まで気軽にご相談ください。




皮膚科

shoukai_hihuka.JPG皮膚科では、皮膚科専門医が診察を行っています。
アトピー性皮膚炎、じんましんなどのアレルギー性疾患は小児からお年よりまで年齢を問わず起こります。血液検査によるアレルゲン検査、生活指導なども行います。また、乾癬、水疱症、掌蹠膿疱症などの慢性皮膚病も、いぼ、たこ、うおのめ、足爪水虫、たむし、かぶれ、にきび、虫刺されなども、お気軽にご相談ください。分かりやすい説明を心がけています。また、褥瘡(じょくそう・とこずれ)は、褥瘡委員会と共に、総合的な治療を行っています。





整形外科

seikei.jpg骨・関節・筋肉等の運動器を対象とした、薬・注射などの治療を行う科です。
対象となる症状・病気に対して、X線・CT・MRI・骨密度測定などの検査を行い診断・治療を行っています。
基礎疾患や合併症のある場合でも各科と協力して治療を行っています。